Selasa, 13 April 2010

AWARD


2010年4月 8日
環境・生命工学専攻 D2年 Indrawan Permanaさん、生産システム工学専攻 M2年 菅原喬史さんが、「日本環境共生学会学会賞<環境共生学術賞>研究発表発表賞」を受賞しました。
環境・生命工学専攻博士後期課程2年 宮田研究室 Indrawan Permanaさん、生産システム工学専攻 修士課程2年 渋澤研究室 菅原喬史さんが、平成21年9月26日~27日につくば市で開催された第12回日本環境共生学会研究発表大会において発表した研究に対し「日本環境共生学会学会賞<環境共生学術賞>研究発表大会学生発表賞」が授与されました。

本賞は、環境共生に関する研究発表の中で優れた内容および発表を行った学生に対して贈られる賞です。
講演題目: An Urban Economic Model of Illegal Settlements in Flood Prone Areas in Central Kalimantan Province, Indonesia
発表者: 環境・生命工学専攻 博士後期課程2年 宮田研究室 Indrawan Permana
共著者: 宮田 譲 教授 

講演題目: 自動車産業における技術革新がもたらす経済波及効果の分析
発表者: 生産システム工学専攻 修士課程2年 渋澤研究室 菅原喬史
共著者: 渋澤博幸 准教授 

April 8, 2010

Indrawan Permana, a D2,doctoral student in Department of Environmental and life Engineering Toyohashi University of Technology and M2 student of Production Engineering Sugawara Takashi have been awarded “The best Papers Presentation Award” by Environmental Society of Japan at HES conference which was held in Tsukuba City in September 26 - 31, 2009. Around 27 researchers have participated in the conference of the 12th HES


This award, is awarded for outstanding student who made the best achievement during the conference. Indrawan Permana and co-authors Prof. Miyata Yuzuru presented a paper with a title “ An Urban Economic Model of Illegal Settlements in Flood Prone Areas in Central Kalimantan Province, Indonesia”.

Sugawara Takashi presented with co-authors: Professor Hiroyuki Shibusawa “Analysis of economic impact caused by technological innovation in the automotive industry”

Tidak ada komentar:

Poskan Komentar